トイプードルを新しい家族に迎える|嬉しいサービス

犬

発症しやすいタイプは注意

病気

小型犬

椎間板ヘルニアとは、背骨の間にある椎間板とよばれる部分があるべき場所から飛び出てしまった状態のことです。人間にも起こりますが、犬にも発症します。犬の場合は、背中から腰にかけて起こることが多いです。発症すると、背中や腰を触ると嫌がる、足をひきずる、排便や排尿に困難が生じるといった様子が見られます。椎間板ヘルニアは特に小型で胴が長く足が短い犬種に多く見られる病気です。代表的なものに、ミニチュアダックスフンド、シーズー、ベキニーズなどがあります。肥満になるとリスクはさらに高まります。こうした犬種は若いうちから発症リスクが高いので注意しなければなりません。激しい運動は避け、肥満を予防して対策をしておかねばなりません。

症状

椎間板ヘルニアになるとヘルニア部分から痛みが発生します。症状が進行していくと、痛みがある部分が麻痺状態になり動きが悪くなり、最終的には動かせなくなってしまいます。椎間板ヘルニアのタイプによっては痛みがあってもある程度まで普通に生活してしまうことも多いので、注意して観察しなければなりません。早期発見できればステロイド注射などの対症療法や、手術で治療することも可能です。しかし手遅れになると自力での歩行は困難となり、車椅子などの使用が必要となることもあります。このような状態になると犬のQOLは著しく低下してしまうので、早期発見早期治療が鍵となります。排便時や排尿時の様子や、歩き方、触ったときの様子などがおかしければ早めに病院にいきましょう。また、肥満防止につとめるのも非常に重要です。